サービスデザインで描くEV / 蓄電池 / 充電器の未来地図

EV普及に向けた蓄電池・充電インフラの
プロダクトデザイン・サービスデザイン思考を身に付ける

2021年度補正予算でEV向け充電インフラ整備の補助金が65億円計上された通り、脱炭素社会の達成に向けたEV転換は、官民挙げての取組みです。さらなる普及率の向上には商業利用だけでなく、一般消費者への浸透も喫緊の課題となります。

実は日本では約8,000基の急速充電器が公共施設に設置済みで、既に主要地域をカバーできています。さらに2025年までに約1.2万基が設置されるとの試算もあります。
 しかし、多くの消費者がEV購入をためらう理由のひとつに、充電インフラへの不安を挙げています。

この消費者心理の根底には、数の問題以外にも「生活の中にあるEV / EV充電器が想像できない」ということがあります。これまでは充電器自体の機能が主体となり、人間中心の発想が希薄になっていたこの領域においても、デザインの発想が必要とされる次元になりました。

本講義では、一層のEV普及に向けた蓄電池 / 充電インフラのプロダクトデザインと、EVを利用したその先のユーザー体験を作るサービスデザインの考え方を身に付けます。先行している企業事例を通して、机上の空論ではなく、すぐそこまで来ているEV社会の未来地図を読み解きます。

プログラム

◇これまでのEV / 蓄電池 / 充電器の歴史とその問題点

◇いまEVを取り巻くメガトレンドとデザインが必要な領域
-プロダクト、環境、コミュニケーション、経営

◇サービスデザインの5つのポイントとその手法
-プロダクト、オペレーション、体制、社風、そして顧客体験

※内容が一部変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

オンデマンド配信の注意点

【受講上の注意事項】

  • 本講義には質疑応答はございません。
  • 本講義は、オンライン配信講義となります。ご受講はお申込み者限りとしており、複数名での受講の場合、人数分のお申込みが必要です。
  • 同一IDでの複数人での視聴・社内上映などは固くお断りしております。(著作権法第22条の2に定められている権利者の「上映権」を侵害する無断上映=違法行為となります。)
  • 本講義の講義資料および配信映像の録画、録音、撮影など複製ならびに二次利用は一切禁止です。
  • これらが確認された際は、弊社のサービスの利用停止と、法的措置をとらせていただく可能性があります。

【お申し込み・キャンセルについて】

  • 視聴の有無に関わらず、お申し込み後のキャンセルは一切、承っておりません。
  • 教室・オンラインライブ講座は、個人申込の場合、受講料について開講前のご入金を原則とさせていただいております。

【受講のご案内】

  • 視聴URL、視聴方法は、原則として翌水曜日13:00に事務局よりメールでご案内いたします。
  • ご案内メールがシステムの都合で届かない場合がございます。お申し込みの後、水曜日を過ぎてもメールが確認できない場合はセミナー事務局までお問い合わせください。

講師

株式会社セイタロウデザイン
代表取締役、アートディレクター
株式会社プラゴ CDO / プラゴデザインセンター所長

山崎 晴太郎 氏

山崎 晴太郎 氏

立教大学卒。京都芸術大学芸術修士。企業・サービスのブランディングを中心に、グラフィック、WEB、空間、プロダクトと多様なチャネルのクリエイティブディレクション・デザインワークを手がける。グッドデザイン賞金賞、アジアデザイン賞、IFデザイン賞など国内外の受賞多数。各種デザイン賞審査委員や省庁の有識者委員を歴任。東京2020オリンピック・パラリンピックでは、クリエイティブアドバイザーを務めた。2018年、株式会社PLUGOを共同設立、CDOに就任。領域を横断したデザインコミュニケーションの立場から、ユーザー体験を最大化するEV充電のサービスデザインを行なっている。

サービスデザインで描くEV / 蓄電池 / 充電器の未来地図

レベル

価格:22,000円(税込)