欧州におけるサーキュラーエコノミー最前線~2022-2023〜(LIVE配信)

先行事例からビジネスチャンスを発見!

サーキュラエコノミーの実践が世界中、様々なセクターで拡大しています。日本でも、北九州や東京で挑戦が進んでいます。その実践には、制度を作る行政や、資本経済のサイクルに組み込む企業、そしてなにより、その思想を支持・実行する市民の存在が欠かせません。

今後サーキュラエコノミーの実現が、日本でも進むことを踏まえ、本講座では欧州の「官民」先進事例を現地からレポートします。

オランダ・アムステルダム市では、サーキュラエコノミーに移行する5か年計画「Amsterdam Circular 2020-2025 Strategy」を2020年に公表しました。ここでは、自治体として2050年まにサーキュラエコノミーに移行するための戦略が示されています。現在も100以上のプロジェクトが、官民協力のもと進んでいます。

講義では、自治体として移行を判断した背景、そのプロジェクトに参画する営利企業の実態、そして市民生活の変化について、ビジネス視点でお伝えします。

※申込締め切りは12月9日(金) 17:00になります。
※応募者多数の場合は予定前に締切ます。あらかじめご了承ください。

プログラム

◇ アムステルダムの取り組みから考える欧州のサーキュラエコノミー

  • 世界の自治体初の試み「Amsterdam Circular 2020-2025 Strategy」が生まれた背景
  • Strategyの概要とポイント(食品と有機性廃棄物」「消費財」「建築」領域を中心に)
    ―行政/企業の取り組み(事例紹介)
    ―アムス市民の意識と支持
  • 浸透(購買行動などの分析)
  • 現時点での進捗と評価
  • 日本が参考とすべき点/ビジネスチャンスの芽

◇ まとめ

◇ 質疑応答

※途中休憩あり。
※内容が一部変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※本講座は質疑応答時 講師と受講者 双方でコミュニケーションがとれます。
※受講者は、アーカイブ配信(見逃し配信)を後日視聴いただけます。期限は30日間です。

※申込締切:2022年12月9日(金)

オンラインセミナー 注意点

【視聴について】

  • 本講義はオンライン配信にて実施をいたします。
  • イヤホンやヘッドセットでのご受講を推奨します。
  • インターネット回線が安定した環境下で、PCでご受講できる環境をご用意ください。

【受講上のご案内】

    • 講義はビデオ会議ツール(Zoom)での配信となります。
    • ご利用されるPCなどへ事前にZoomのインストールが必要です。
    • 受講用URL、受講方法はセミナー事務局より3日前を目安にお送りさせていただきます。

※ご案内メールがシステムの都合届かない場合がございます。2日前までに届いていない場合はセミナー事務局までお問い合わせください。

【アーカイブ配信について】

    • アーカイブ配信(見逃し配信)は、受講者のみへの配信となります。
    • 開催後、3営業日後を目途に事務局よりメールにて視聴URLをお送りいたします。

【受講上の注意点】

  • 原則 LIVE配信となりますのでご注意ください。
  • 領収書はマイページよりダウンロードすることができます。
  • 本講義の講義資料および配信映像の録画、録音、撮影など複製ならびに二次利用は一切禁止です。
    上記が確認された際は、弊社のサービスの利用停止と、法的措置をとらせていただく可能性があります。

講師

ライター・ジャーナリスト
栗田 路子 氏

栗田路子氏

EU(欧州連合)主要機関が集まるベルギー・ブリュッセルをベースに活動。上智大学卒業後、外資系広告代理店のマーケティング戦略部門を経て、米国およびベルギーの経営大学院にてMBA取得。日欧をつなぐコンサルティングやメディア・リサーチ業の傍ら、日本のメディアで、欧州(EU)の政治・社会事情(環境、福祉、教育など)について発信。

これまでに、共同通信47NewsやWebronza他、最近では環境ビジネス本誌など業界誌中心に執筆。「夫婦別姓―家族と多様性の各国事情」(ちくま新書)などの統括執筆も手掛ける。在外ジャーナリストの自主メディアSpeakUp Oversea’sを主宰。

欧州におけるサーキュラーエコノミー最前線~2022-2023〜(LIVE配信)

レベル

価格:22,000円(税込)

開催日時:2022/12/15
(申込締切:2022/12/09)